etetentenの記録

信仰とともに暮らす日々

時々くるやる気のない日

なんだか調子の良いなーと思った数日後、突然やる気の出ない日が来る。数日間続く。改善したいなと思うけど。 改善なんかしなくて良いのかもしれない。本当に外にも出たくないほど、誰とも話したくないほど疲れてるだけで、そんなときは何かを考えたり、何か…

神様はいるのか、宗教、信仰とは

私は現在、聖書を信じている。 日本聖書刊行会で出版されている聖書を読んで、信仰をもつ、という判断をした。 しかし、キリスト教には属していない。教会にも通わない。 教会に通って、誰かと話す、という方法が生理的に無理だからだ。 聖書に基づいた信仰…

同窓会には行きたくない

昔の友人だった人間には会いたくない。 昔の自分がベストを尽くしてなかったかというと、そんなことは全く思わない。自分はできる限りのことを、あの時も、当時の自分なりに一生懸命で、必死だったんだと思う。自分がしてきたことに偽りはない。 でも客観的…

26歳

二十歳の頃は結婚するかな、と考えて、 大学卒業する前は企業就職で都会に暮らすことを考えて、 大学院に進んで、やっぱり就職を考えた。内定式の日、なんか違うな、何だこの気持ち悪さ、なんだこの、嘘っぽわいわらい人達、と感じて、 やりたいことをやれる…

何のままでもない

ままならない、思い通り・自由にならない。 なんでこんなことが起こるんだ、と喘いで、嘆息して、悲観する。 一方で「思い通りにならない。」と感じることや、「思い通りにならないことが当たり前」と慰めることは適切ではないようにも感じている。悲観的に…

私を規定しない方法

具体的にどうすればできるかわからない。わたしはこういった人間だから仕方ない。という諦めも、私はこれができない、 と、私を規定することになる。こんなことすらできないのか。という自責も、私はこれをするべきである。 と私を規定することになる。私は…

私である意味はないのかもしれない

悲観的な理由からではなく、 私である理由はいらない、というか、こだわらなくて良いと思った。人間に私の価値を担保してもらうことはできない。社会的価値は、表する人間そのもののコンディション、社会のありよう、社会と私の相関関係によって、いつでもど…

人を想うのは人の為ではない

私がその人の信仰(世界の考察)の躓きとならないためだ。私がその人に嫌われるかもしれない。 私の評価が下がるかもしれない。 それは嫌だ。人の悪意や失望を受け取ることは、本当だったら避けたい。しかしそれに執着すると、人による価値判断に依存するこ…

自分の口の浅はかさを

口が私の恥を生む、 口が私を浅はかにする、 その結果不用意に人を傷つける。私の口を呪ってしまう。 私の口がにくい。せめて口の外からでなければ、他人を汚して傷つけることはない。 どうせ口の外に出すなら、人を勇気づけたい。私の口が思慮深く、閉じて…

私は隣人として何をするべきだろう

私は隣人として何をするべきだろう。

運命と呼ぶのなら

それをどの神かと定めるのか、または、神とするのか、 という点はおいておいても、流れを定めた存在がいるということを感じているのだ。 人間や自然を超越した、力あら存在、は運命を信じる人なら、無視することは難しい。もし偶然だというなら、 確率だとい…

信仰はファンタジーではない。

信仰はふぁんたじーじゃない。じぶんの経験や直感、他人や社会の観察をもとに、 その中にある法則を見つけることだ。信仰は、この法則がある、法則を作った存在がいる、という前提を信じることだ。信仰を深めるとは、論理的に問答していきながら、考察を深め…

孤独はそんなにダメなのか

子供がいないと生涯孤独 という考え方は 賛同できない。子供がいても家族がいても、 本質的孤独からまぬがれない。家族や友達は、その本質的孤独を直視しないための現実逃避だ。でもそんなことに家族や友達を利用したくない。絶対的孤独と対峙して、 考察を…

今日の気づき

信仰告白はえぬえいちけーの受信料支払いの覚悟恵という、 生かされているという、 もはや当たり前のような許しを、 ネット、水道ガス電気、てれびのような、公共インフラとして、当たり前に享受している。恵として享受しているにもかかわらず、 イエス様と…

交通事故にあった

先日交通事故にあった。 被害者の方だが、手続きや病院が煩雑で本当に、煩わしいこと限りない。 被害の受けたのはこっちで、保険が出るのは良いし、 骨折などに至らなかったのも素晴らしいことで、 車も新しくなるかもしれないが、 それ以降の手続きが本当に…

セロリの葉の活用

この前のセロリのピクルスには茎しか使わなか使わなかった。葉はエゴマとペーストにし、とりひき肉に混ぜた。 鍋に入れてみたが、葉の主張が激しく、さっぱりと下味に合わない。そこで、一度取り出して焼き目をつけ、トマトのパスタソースのあまりがあったの…

セロリ

醸造した柿酢でセロリを漬けた。 280円でたくさん入っていた特価セロリ。 株の真ん中の方の、白くて柔らかいのではなく、 外側の緑の濃い、スが入っているものが多かった。 うまく漬かるといいな、と思う。 セロリは食べすぎると体が冷えるので、 生姜や…