etetentenの記録

信仰とともに暮らす日々

私を規定しない方法

具体的にどうすればできるかわからない。

わたしはこういった人間だから仕方ない。という諦めも、

私はこれができない、
と、私を規定することになる。

こんなことすらできないのか。という自責も、

私はこれをするべきである。
と私を規定することになる。

私はこれでいいのだ、という自己肯定も、

私はこれでしかない、
と規定することになる。

わたしはなにでもない、どんな状態でもない。
この世で良いも悪いもない。


私を規定することで、安心してきたのだな。
何がきっかけだったのかな。意識他会計にならないとダメだと思ったのかな。
それとも、小学校、引っ越したりした時の処世術かな。

あるがままでどのように自分の存在を許せば良いのだろう。

それがずっとわからない。
今も上手く出来ない。

深夜ずっと起きて、テレビを見続けて、頭が空っぽになるまで見て、
心が満たされる気がする。みたされないけど、ここに注目しなくていいから、
頭を麻痺させるために、徹夜してひたすら、ひたすら、

昼目が覚めたらまた仕事して、夜はひたすら、朝まで、ひたすら。

きょうはもうねよう