etetentenの記録

信仰とともに暮らす日々

何のままでもない

ままならない、思い通り・自由にならない。

なんでこんなことが起こるんだ、と喘いで、嘆息して、悲観する。

 

一方で「思い通りにならない。」と感じることや、「思い通りにならないことが当たり前」と慰めることは適切ではないようにも感じている。悲観的になっている自分に、勝手に設定した使命感などを感じて満足してるだけかもしれない。

「思い通りになることが望ましい、その方が良いことを生む」という前提があるから、ままならない、という言葉が出てくるのか。

ままなる、ままならない、という評価が間違っているのか。

どうもそんな気もする。

 

"なぜなら、神の愚かさは人よりも賢く、神の弱さは人よりも強いからです。"

引用「新約聖書 新改訳 第一コリント 1:25」

 

自分の思い通りにならない。誰かの理想通りにならない。

と考えなくていいのかもしれない。私や彼らが人間である限り。

 

私の思いつく素晴らしい理想は、大して素晴らしくないだろうと思う。

躍起になって思い通りに実現させても、それは本当に無理なく美しい形だろうか。

私は自分が思う通りに形作ったものの醜さをよく知っている。

そして創造主が驚くべき緻密さと持続・維持可能な方法で、様々なことを成立させていることを知っている。そしてそれらは確かに確実で非の打ち所のない方法だ。

私にとっては幸せで楽しい方法ではないとしても、時間が驚くほどかかったとしても、それ以上に自分の愚かさを知っている。自分の無責任さを知っている。

 

誰かの思うままになるのであれば、創造主の思うままに。創造主の隨に。

その中で私は最善を尽くす。