etetentenの記録

信仰とともに暮らす日々

結婚したいとは思えない。

結婚したい理由、結婚を進める理由が、

子供が欲しい、

金銭的安定、

社会地位向上、社会保障

自分の承認欲求、

老後の備え、

孤独感の解消、

みたいな観点ばっかだな、とwebや雑誌などの情報を見てて感じてしまった。

 

結婚したくない理由も、

お金に余裕がない、

他人と相入れない、一緒に暮らせない

子供が好きじゃない、

自分の時間がなくなる

好きなことができなくなる、

みたいなどうでもいい言い訳ばっかりだ。

 

日本の結婚観はクソどうでもいい情報しか出てない。

みんな幻想を見てるんじゃないか。

幻想のまま結婚して、「思ってたのとは違ってたけど、あなたと結婚してよかった」

と上手に各個人が軌道修正できているだけだ。

そうできなかった人が離婚しているのではないか。

日本で言われている結婚観の前提っておかしくないか。

 

自分のことは自分で守る。

一人でいる孤独感も甘んじて受ける。

誰かがいるから孤独が解消される訳ではない。

お金の心配もあるけど、死ぬまで働くつもりだ。

それで身動き取れなくなったら、それまでだ。

そうならないまでは私は生き続けるのだろう。

社会から、周りから、惨めだと思われたとしても、

私は死ぬまで生きる。神様がその価値を認めているから。

恐怖や悲しみはあるけど、私はそれに負けない。

 

子供は好きだし、愛すべき存在だけど、

愛すべきなのは子供だけじゃない、老若男女問わず、

隣人として愛すべき存在だ。子供を特別視はしない。

自分の子であっても、他人の子であっても、

真摯に対応し、守り、教えるべき存在であることに微塵の違いもない。

 

家族という括りも、血筋も関係ない。そんなことは私にとっては瑣末なことだ。

 

でも、自分が生きてる中で、

生活を金銭的に社会的に支えてくれる人じゃない、

お互い純粋に人として愛し合って尊重できる、独身のパートナーが欲しい。

その人とだけキスやセックスもしたい。

その人ともし結婚という契約を結ぶ形が、お互いにとって良さそうなら、結婚したい。

でも、結婚以外の形がお互いにとって良さそうなら、結婚しない。

彼が死ぬまで、お互いにとって良い形で、そばにいれたらと思う。

 

本来はこうした関係に、結婚という契約がくっついて来るもんだと思ってる。

でも、私が出会ったお互い大切にしたい人は、

お互いだけ、という心づもりをしたくなる関係になりつつも、

結婚という形が適切ではない、という判断をしているだけだ。

 

だれにも理解されなくてもいい。

自棄ではなくて、理解されようと思って築こうとしている関係ではないからだ。

ごっこだと笑うのなら笑えばいい。

本当のところは私にも、誰にもわからないからだ。

 

ただ、神様の前には正直に、彼との関係を明かしていたい。

神様だけは私のことを本当によく知っていて、私たちのことを判断できる方だから。

 

神様、つくづく変な価値観の社会だなと思います。

でもあなたが作った世界だから、必要な歪みなのだとおも思います。

その中で、大切なことは一つだけ、と聖書ではおっしゃっています。

私たちを試されているのでしょうか。

私たちは甘んじてそれを受けます。

私が喜べるのも、悲しめるのも全てあなたによります。

あなたから私を遠ざけるものは何一つありません。

たとえ私が好きな人であっても、家族であっても、尊敬する師匠出会っても、

あなたから切り離すことはできません。

あなたの名前を借りて、私を騙そうとする人たちからも、私を守ってください。

あなたを共に讃えることができる友人たちとのつながりを、守ってください。

ますますあなたの名前が叫ばれるように、あなたに栄光があるように。

あなたと共にいることで生きづらいこの世から、私を守ってください。

今日はお願いばっかりでした。

エスの名を通して、祈ります。